読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行き当たりばったりなブログ

大阪→京都→東京→京都 日々のメモ

25歳の働き方

社会人になってかれこれ3年。
いまだにもやもやしていることがある。

それは今の選択が最善なのかということ。
もちろん最善かを決めるのは自分次第なんだけれど。

仕事は辛いこともあるけれど楽しいこともたくさんあって。
事業も社会的に意義のあることだと思っているし、
こんなに恵まれた環境ってなかなかないんじゃないかなあと思う。

でも同時に、私は自分の意志で、
ここにいることを選んでいるのだろうか、とも思う。
動かないということは、ここを選んでいるということ。

他にもっと可能性があるんじゃないだろうか。
いやいや、それは仕事に全力に向き合えていないから
他の可能性がちらついてしまうんじゃないだろうか。

昔から人の役に立つことが大好きで
誰かが困っているなら知らないことも1から学んで
自分のことは後回しでもとにかく目の前の人の課題を解決することが私の喜びだった。

でもそれは同時に自分ではやりたいことがない、ということと同じで。

誰かがいないと何もやる気が起きなくて。
依存している、と言われれば否定ができない。

自分でやりたいことを見つけて
1人でも走っていける人を見てはうらやましく思ったり。

向き合うことも、舵を切ることもできない私はきっと何も生み出せていない。

”どこかに行きたい”よりも”ここにいたい”と思えることの方が
尊いことだろうなあ、と感じます。
いつまで経っても、悩めるお年頃。もう25歳なのにね。