読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行き当たりばったりなブログ

大阪→京都→東京→京都 日々のメモ

好きこそ物の上手なれ

先日とあるレシピサイトを運営している方の話を聞いた。

サイトのコンセプトは「段取り上手」や「ぴったり使い切り」。
週末に「お買い物リスト」の通りのものを買って
手順通りに調理をしておけば、1週間分の献立が簡単にできるとのこと。

「ほほう、世の中にはこんなニーズがあるのだな」
と思ったと同時にすごく違和感があった。

このサイトには「料理の楽しさ」が見当たらない。
しゅっとしてて、合理的で、どこか「義務感」さえ感じる。

自分の中で「食べること」や「作ること」は楽しいことだったから
こんな感覚で料理をする人たちがいるのかと目からウロコだった。

* * *

私の周りにいる、料理が上手な人たちは
基本的にレシピを見ていない。

それぞれの調味料や食材の味を知っていて、
美味しい食べ物を知っていて、
自分の五感で確かめながら、
足りないものを足していく

そして何よりすごく「楽しそう」だ。
料理している姿を見ているとこっちまでわくわくしてくる。

そんな風に迷いなく美味しいものを作りあげる人を、私は尊敬している。
一種のアーティストだと思う。私もそうなりたい。